• ホーム
  • ヘルペス以外の感染症:カンジダ

ヘルペス以外の感染症:カンジダ

黄色のカプセルと葉

カンジダは女性に多い病気で、カビの一種であるカンジダ属の真菌が原因となり炎症が引き起こされます。
性行為によるパートナーからの感染が原因となる場合もありますが、カンジダ菌は元々人の体内に存在している菌です。
風邪をひいていたり、疲れやストレスが溜まって抵抗力が落ちていたりすると、健康な女性でもカンジダ菌が異常に増殖して発症してしまうことがあります。
また、カンジダは再発しやすい病気としても知られています。
風邪や疲労、ストレス以外にも生理期間中にホルモンが変化したり、妊娠したときなどにも発症することがあります。
抗生物質の服用や糖尿病などが原因となることもあり、ちょっとしたことがきっかけで発症してしまいます。
そのためカンジダは女性の5人に1人が経験したことがある病気といわれています。

カンジダの症状

カンジダの代表的な症状には、外陰部のかゆみや独特のおりものの状態があげられます。
膣やその周辺にかゆみがあり、粘性が高く、白いカッテージチーズのようなおりものが増えたりします。
それから、膣にヒリヒリするような刺激感があったり、排尿時や性行時に痛みを感じたりする場合もあります。
こういった症状が現れたら、早めに医療機関を受診して検査を受けることが大切です。

カンジダの予防方法

カンジダを予防するためには、日頃から十分な睡眠や栄養バランスの整った食生活を送っていることが重要になります。
それからカンジダ菌は温かくて湿った環境を好むので、入浴した後などは外陰部をきちんと乾かすことも大切です。
通気性の良い下着や衣類を身につけたり、おりものシートを使用する時にはこまめに交換するといったことも必要になります。

トイレの際に気を付けたいのが、ビデなどで膣を洗いすぎないことです。
膣内には善玉菌が生息しており、体に悪影響を与える菌の侵入を防ぐ働きを担っています。
洗いすぎるとその善玉菌が減ってしまうので、菌のバランスが崩れてカンジダ菌が増殖してしまうことがあるのです。

カンジダの治療薬にはどんなのがある?

カンジダの検査は、女性の場合には婦人科や産婦人科で行われています。
男性の場合には、泌尿器科などで行われています。
膣や外陰部の状態を調べたり、おりものの性状などを検査します。
その結果カンジダと診断された場合には、治療薬として抗真菌剤が処方されるのが一般的です。
カンジダの治療薬には、エンペシド錠やエンペシドクリーム、ラミシール、フォルカンなどがあります。

エンペシド錠・エンペシドクリーム

エンペシド錠とエンペシドクリームには、カンジダ菌に対して優れた抗菌効果を持っているクロトリマゾールという成分が含有されています。
エンペシド錠は膣の中に直接挿入するタイプの薬で、エンペシドクリームは患部に塗るタイプの薬です。
どちらも副作用は多くはありませんが、人によっては接触性皮膚炎やびらんなどが起こったり、刺激感を感じることがあります。

ラミシール

ラミシールは、アリルアミン系のテルビナフィンという強い抗菌効果を持った成分を含有しています。
ラミシールには、カンジダ菌を死滅させる作用があります。
副作用はほとんどありませんが、かぶれや発疹などの症状が出る場合もあります。
そういった時には、医療機関を受診して医師の診察を受けることが重要です。

フォルカン

フォルカンには、カンジダ菌を殺菌して発育を抑制する効果のあるフルコナゾールという成分が含有されています。
フォルカンは飲むタイプの治療薬で、1日1回飲むだけなのでとても簡単に利用することができます。
フォルカンには殺菌効果の他に、膣液の分泌を促す働きもあります。
それにより、炎症による性交時の痛みを軽減する効果もあります。
症状が軽い場合には数日程度、症状が重い場合には数週間から1カ月程度、症状が完全に無くなるまで飲み続ける必要があります。